アレルギー症状(アトピー性皮膚炎)|大阪市住之江区中加賀屋のふくだクリニック|形成外科・皮膚科・アレルギー科・花粉症・ピアス

大阪市住之江区中加賀屋のふくだクリニック

0666814112
〒559-0017
大阪府大阪市住之江区中加賀屋3-10-18 2F

アレルギー症状(アトピー性皮膚炎)

アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎について

アトピー性皮膚炎には患者さんの肌の性質により、原因が異なります。
すなわち、アレルギー的な肌の性質の方と、皮膚が乾燥してバリアー機能が弱いという非アレルギー的な肌の性質の方に分かれます。
良く子どもの患者さんもいらっしゃいますが、子どもの皮膚はただでさえ、大人に比べてバリアー機能が弱いためアレルギー的な肌の性質を持っていたり、皮膚 が乾燥しているような肌の性質の患者さんは子ども時代にアトピー性皮膚炎を発症しやすく、大人になり皮膚が成熟するにつれて軽くなる傾向があります。
つまり、子どものアトピー性皮膚炎は非アレルギー的な側面が強いのです。

そういった症例の場合には正しいスキンケアを継続することで、皮膚の症状を緩和したり、予防していくことができます。

症状について

  • かゆみがある
  • 慢性に繰り返す
  • 特徴的な湿疹

が出た場合をいいます。
生後2~3ヶ月頃までは乳児湿疹と区別がつきにくいですが、生後3~4ヶ月を過ぎてもかゆみを伴う湿疹を繰り返したり、湿疹がじくじくして悪化したり、全身が粉をふいたようにカサカサ、ザラザラしてきたりします。 中でも特徴的なのは、いわゆる“耳切れ”と呼ばれているもので、耳のつけ根が切れて赤くカサカサしてきます。

治療について

顔や首にカサカサまたはじくじくした湿疹ができ、スキンケアをしているのに治りにくい時は受診しましょう。 生後2~3ヶ月では診断がつきにくいのですが、症状に合わせて塗り薬を使いながら経過を観察します。
少しでも気になる方は一度ご来院下さい。

ページトップへPage top